• Google+
    RSS

契約書作成・チェック

契約交渉の主導権を握るためにも契約書は重要な役割を果たします。

保証契約等、一部の契約を除いて当事者の合意で契約は成立します。
その合意は書面でも口頭でも構いません。つまり口頭でも契約は成立します。
しかし、口頭での合意は後程、言った言わないのトラブルになった際、 証明する手段がなく、それを証明する手段が契約書です。
契約書は法的な約束事を取り決めた合意書であることに間違いありません。
また、契約書の重要性はそれのみにとどまらず、交渉過程をその都度書面化し 内容を確認していくことにより、交渉を自社に有利に進めるという点もあります。

契約交渉の主導権を握るためにも契約書は重要な役割を果たします。

契約交渉の主導権を握るためにも契約書は重要な役割を果たします。

弁護士法人ホームズでは、以下の点に気をつけて法的なアドバイスをいたします。

1.約書の体裁として文法や用語法、表現方法に間違いはないか、といった形式面
2.合意内容が必要かつ十分か、合意内容が明確か、合意内容がそもそも法律に反しているなど不適切な点がないか、といった実体面
3.こういった条項を盛り込めば自社に有利、こういった条項があると自社に不利 といった戦略面

【料金の例】
契約書類及びこれに準ずる書類作成
経済的利益の額が1,000万円未満のもの 54,000円
経済的利益の額が1,000万円以上1億円未満のもの 108,000円
経済的利益の額が1億円以上のもの 216,000円

定型
基本 108,000円以上
特に複雑又は特殊な事情がある場合 弁護士と依頼者との協議により定める

※実費は、実際にかかった金額(切手・印紙代等)をお支払いいただきます。