• Google+
    RSS

ごあいさつ

社会常識に照らし、そこからもう一歩踏み込んで、それに代わる解決の指針をご提案できるように心がけています。

弁護士の仕事は「法津サービス」を提供することです。
しかし、この「法律サービス」は目に見えにくいものです。
そして、人は見に見えにくいものに対価を支払うことを躊躇します。
そこで、当事務所では相談内容の詳細な聞き取りを行い明確な解決指針の提示をするとともに、ご希望の方には弁護士費用の見積もり作成、打ち合わせや進捗状況の報告を密に行うなど、可能な限り皆様にご提供する「法律サービス」が目に見えるよう、"サービスの可視化"に努めています。
法律の規定は抽象的であり、その適用に当たっては法律の解釈が必要となり、当該事実をその法律に当てはめて結論を出すことになります。
その法律の解釈というのは人によって異なることもあります。
そして解釈の基準となる物差しは社会常識であったり、その人の価値観であったりします。
数学のように機械的に答えは出てこないのが特徴的です。法律を通じて人間社会の奥深さやその人の背景を感じました。.
弁護士として法的紛争を解決する以上、法律はもちろん大切で自己研鑽の日々は欠かせません。
しかしながら、法律の解釈には社会常識も反映されるため、法律では困難とされることでも、そこで 終わりとするのではなく、社会常識に照らし、そこからもう一歩踏み込んで、それに代わる解決の指針をご提案できるように心がけています。